体の中から冷えを撃退する方法

冷えは女性の大敵、ということで、いかに冷えを治すか、というのが今回のミッション。

女性のカラダが男性に比べ冷えやすいのは事実なんだけど、もうひとつ女性の冷えの原因となっているのが食生活を含む生活習慣。

甘いもの、白いごはんとか炭水化物が大好きじゃない?
ダイエットといって、食事のバランスが偏ってない?

冷え対策として、足浴や半身浴もいいんだけど、体の中からのアプローチも忘れちゃダメよ。
毎日の食事に体を温める食べ物をドンドン取り入れましょ。

体の中からポカポカ温める食べ物はコチラ↓↓↓

【根菜類】
ニンジン、ジャガイモ、里芋、サツマイモetc.
ショウガやニンニクは温める食品の代表選手よね。
大根は体を冷やす仲間なんだけど、火を通すと大丈夫。
大根サラダよりブリ大根がおススメというわけね。
【発酵食品】
納豆やお味噌汁、ヨーグルトなどの発酵食品は腸内環境も整えてくれるし、毎日食べたい美容食よね。
【ビタミンB1を含むもの】
豚肉、マグロ、、卵、ゴマ、ホウレンソウ、レバー、イワシetc.
【ビタミンEを含むもの】
イワシ、カボチャ、ホウレンソウ、タラコetc.
【タンパク質】ダイエット中は何かと敬遠されがちなお肉。
でも、筋肉を作ったり、ホルモンを正常に働かせるには欠かせない栄養素。
特に牛や豚の赤身の肉は体を内側から温める効果があるわ。
野菜や大豆など、ライトなものばかり食べているというあなた。
たまには肉食でガッツリいってみてもいいんじゃない?

食べ過ぎちゃダメ!体を冷やすもの↓↓↓

一般的に夏野菜は、体を冷やすと言われているわよね。
キュウリやトマトは生でいただくより、調理したほうがいいわね。
キュウリは炒め物にしてもいいし、トマトはパスタソースやスープにしてみては?

あと、菓子パンやケーキって甘いもの好き女子にはたまらない甘美なんだけど、実は体を冷やすって知ってる?
精製された砂糖や小麦粉を使っているケーキやパンは、体を冷やす原因になるの。
体は糖分を消費する時に大量のビタミンB群が失われてしまうので、必然的にビタミンB群が不足してしまう。
そうすると、便秘を招いたりするわね。

それに糖分の摂り過ぎはコラーゲンがダメージを受けてしまうわよ。

冷えを撃退してゲンキとキレイを手に入れましょ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加